ふかみスマイル歯科 Fukami Dental Clinicではこれまでの50年以上の実績を基に今後も地域の皆様のお口の健康維持管理をサポートさせていただきます。

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
矯正日記
歯の豆知識
イベント通信
診療科目subject
医院メニューmenu
求人募集recruit

予防歯科

予防歯科で、正しいケアをしていきましょう。

予防は最良の治療法

どのような病気でも、最良の治療方法は事前に防止することです。予防歯科では、むし歯や歯周病になる前、または歯科治療完了後に、正しいブラッシング方法をアドバイスしたり、やブラッシングでは取れない汚れをクリーニングしたりするなどの処置で、歯の病気を予防します。

 

特にお子様の歯はむし歯になりやすい特徴がありますので、入念にブラッシングを行わせましょう。

年齢別で見るお子様のブラッシングについてのポイント

赤ちゃんや幼児の歯は、お母様による丁寧なケアが必要になります。また、1人でブラッシングができるようになってからも、お母様がきちんと仕上げみがきとチェックをしてあげましょう。

 

ここでは、年齢別によるお子様のブラッシングポイントをご紹介します。

 

乳幼児 歯が生える前は、舌に白いカスが溜まることがあります。そのときは、湿らせた布などで拭き取ってあげましょう。
生後7、8ヶ月 生後半年以上になると、小さな前歯が生えてきます。歯に汚れがあったら、湿らせた布などで拭き取ってください。
生後1年以上 生後1年を過ぎてからは、歯ブラシを使ってお母様がみがいてあげてください。
3歳以上 3歳を過ぎてからは、お子様にブラッシングの仕方を教えてあげて、自分でみがくようにさせましょう。すぐにしっかりとみがけるようになるわけではありませんので、みがき残しがないか、お母様のチェックが必要です。
5歳以上 5歳くらいから、食後には自分でブラッシングする習慣をつけさせましょう。毎日、朝・昼・晩と3回みがかせ、お母様が仕上げみがきを行うとともに、みがき残しがないかチェックします。
6歳以上 6歳くらいになると、「六歳臼歯」と呼ばれる大きな奥歯が生えてきます。この歯は溝が深いため食べカスが溜まりやすく、お母様の念入りなチェックが必要です。
24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29