再生療法

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
  • 訪問歯科診療
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

再生療法

2021年10月22日│院長・スタッフ│

歯周病は、歯を支える歯槽骨(歯の周りの骨)がなくなってしまい、進行すると歯が抜けてしまうという病気です。

歯周病治療は「失った骨を元に戻す」ではなく「これ以上骨を失わないようにする」ことを基本としています。

なぜ「失った骨を元に戻す」治療法が基本ではないのかと言うと、それは「口の中」という環境の特殊性にあります。

実は口の中は

・舌を動かないようにすることが出来ない
・睡眠中に強く噛みしめるなど、治療中の場所に力が加わることがある
・無数の菌による感染リスクがある
・熱いスープや冷たいアイスによって温度差100℃以上になることもあり得る

という非常に過酷な環境なのです。

歯周病が進んだ状態を例えるなら、「足が骨折して、骨も見えているけど、毎日素足で農作業をしていて、人によってはサッカーもやる」というような状況です。

そのため、骨を元に戻す治療法については様々な方法が研究・検討されてきましたが「研究段階では上手くいっても、実際の患者では上手くいかない」「成功したりしなかったりで結果が安定しない」といったことが多く、大多数の患者に対して安定的な治療結果を出すことは難しいというのが実情だったのです。

そんな中、近年リグロスと呼ばれる薬剤が開発されました。

このリグロスは、「FGF-2と呼ばれる、塩基性線維芽細胞増殖因子の持つ細胞の増殖と血管新生促進作用によって、歯周組織の再生を促す」という薬で、手術によって骨の欠損部に対してリグロスを貼薬することで、歯の周りの骨の再生を促進させる効果があります。

似たような使い方の薬剤はこれまでにもありましたが、リグロスは従来の薬剤と比較して

⓵安定した治療成績
(経験の浅い歯科医師でも改善が認められた報告が多数)
⓶高い安全性
(従来のブタ由来の薬剤と異なり、ヒト由来。大阪大学で研究開発された純日本製)
⓷保険適応
(安価に行うことが出来る)

といった長所があります。

もちろん、全てのケースにおいて適応されるわけではなく、特定の条件下での使用しか認められていませんが、それでも使用できる場面ではとても効果的な治療法となっています。

当院でも、リグロスを用いた歯周組織再生療法を行っております。

事前にしっかり検査を行い、再生させる骨の状況を確認して、改善が期待できるケースにおいては提案させていただいております。

歯周病が気になる方、自分のケースでリグロスが使えるか気になる方は是非お気軽にご連絡ください。

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29